無印00a

> 無印良品メンバーなら10%OFFの「無印良品週間」がまもなくはじまります。

> 期間:2016年11月18日(金)~11月28日(月)
> ※ネットストアは2016年11月18日(金)午前10時~11月29日(火)午前10時


\良品週間が始まりまーっす/


前回、ぼんやりしていてすっかり出遅れてしまい、
お気に入りに入れていたものの殆んどが瞬殺で売り切れて涙をのみました。
次の良品週間はきっと11月のはずと、
逢えない夜を数えて切なさのグラスに愛を注(ry。

今度こそ、今度こそは、スタートダッシュで買い切ってやる。



まず、絶対にゲットしたいのがこのPET詰替ボトル

無印02a
PET詰替ボトル・泡タイプ・ホワイト・400ml用

[※無印良品の画像は全て公式サイトからお借りしました]

無印03a
PET詰替ボトル ホワイト 400ml用


今もPET詰替ボトル愛用中なのですが、
まとめ買いしたハンドソープが、まるまる1つ使い終わったところでやっと
「イマイチ泡立たない気がする」
気がし、パッケージを確認したところ「泡タイプ」だったという。
せっかくなのでサイズを合わせて食器用洗剤用も買い替えることにしました。
早くアワアワのハンドソープで手を洗いたい、、、


続きまして、汚片付け開始に際し、準備しておきたい収納グッズを
(まだ買うのかっ)。

無印01a
アクリル仕切棚 約幅26×奥行17.5×高さ10cm


無印09a
ポリプロピレンデスク内整理トレー4 約134x200x40mm


無印10a
ポリプロピレンデスク内整理トレー2 約100x200x40mm


無印13a
EVAケース・ファスナー付 A5


無印14a
EVAケース・ファスナー付 B6



まだまだ迷っているものもあるのですが、とりあえずこれだけ揃えれば、
キッチンとリビングの汚片づけがはかどるはず、そのはず。



ところで昨日は、汚片づけの手始めにまずは外堀から、ということで、
家の周りの落ち葉や雑草を2時間かけて掃除しました。
我が家には庭はないはずなのに、
木なんか植えていないはずなのに、
なぜ、ご近所さんから降ってくる落ち葉のお掃除担当はわたくしなのでしょう。

その答え:
「落ち葉に無頓着な人に限って落葉樹を植え、
落ち葉が気になって気になって木になる人は木を植えない」法則


腰が、、、折れそうです、、、(白目


このような事情から、夕飯は作り置きのカレーと相成りました。
カレーを作る時は、6リットルの圧力鍋にめいっぱい作り、
料理を放棄したい日の為に、冷凍庫にストックしているのです。

20161115_02_DSC0150
まだ2回分あった。(嬉)



保存容器は、冷凍もレンチンも、食洗機さえもOK、ジップロックコンテナ一択。




できました。
肉も野菜も溶け切った、トロトロのカレーです。どうぞ。
20161115_02_DSC0151



カレー皿は、無印良品のものです。

無印15a
磁器ベージュカレー・パスタ皿 約26×19.5×高さ5cm

(3枚セットがお得です)

無印のお皿はこれまで数多購入して来ましたが、

飽きの来ないデザイン≒パンチが足りない

んですよねえ。
いまひとつ愛着が持てないまま次第に使われなくなり、
時と流れと共に断捨離の犠牲となり、
いつしかその殆んどが姿を消してしまいました。
そんな中、ほぼ唯一がんばっているのが、このカレー皿です。
このお皿以上に、カレーが盛りやすい食べやすいお皿は無い、と言い切れます。

【追記】
色が「ベージュ」となっていますが、
イッタラのティーマよりほんの気持ち色がついている、
「アイボリー」だと思います。
色が気になる方がいらっしゃるようなので、ご参考に。



にほんブログ村テーマ やっぱり好き MUJI 無印良品へ
やっぱり好き MUJI 無印良品

にほんブログ村テーマ * 無印良品( MUJI )との生活 *へ
* 無印良品( MUJI )との生活 *

にほんブログ村テーマ 無印良品 オススメのモノ~ ♪♪へ
無印良品 オススメのモノ~ ♪♪

にほんブログ村テーマ MUJI 良品週間へ
MUJI 良品週間

にほんブログ村テーマ イケア・無印良品・ニトリで収納インテリアへ
イケア・無印良品・ニトリで収納インテリア

にほんブログ村テーマ 無印良品の収納 - MUJI -へ
無印良品の収納 - MUJI -

にほんブログ村テーマ 無印良品で買ったもの♪へ
無印良品で買ったもの♪

にほんブログ村テーマ 無印良品週間で購入したものへ
無印良品週間で購入したもの

にほんブログ村テーマ 無印良品(MUJI)情報へ
無印良品(MUJI)情報



にほんブログ村 インテリアブログ 北欧インテリアへ

ご来訪ありがとうございました。
あなたのクリックがわたしのスイッチを押すはずです。そのはずです。